デジタル契約と印紙税法第2条はどのような関係があります?

デジタル契約や電子契約のサービスにおいて収入印紙が不要と考えられています。 その根拠となるのが印紙税法第2条で「別表第一の課税物件の欄に掲げる文書には、この法律により、印紙税を課する。」とあり 別表第一では20項目が印紙税の課税対象となる文書として明記されていますが署名の文書だけを指してます。 そのことから印紙税法には電子文書が含まれないという会社具が一般的です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました